女性の薄毛7大原因

女性の薄毛の原因は男性とは似ているようで違います。
見た目を気にする女性だからこそ、それが原因で薄毛になってしまうという悪循環も、、。
以下にあげる薄毛の原因は代表的なものです。

これらのことに思い当たる節がある場合ははやいうちから気をつけましょう。
ある日突然抜け毛に気がついて急いで対処してもかなり状態が進行している場合が多いんです。
今から将来のフサフサヘアーのために自分の生活を見直してみましょう☆

1、シャンプー、ヘアケア剤、パーマ、カラーリングによる刺激

香料の強いシャンプーやセット力の強いヘアケア剤、パーマ液、カラーリング剤は頭皮をいためます。
見た目は綺麗でもいつのまにかバサバサの髪と髪の毛のはえにくい頭皮を作ってしまう恐れも。
薄毛が気になる女性は刺激の弱いアミノ酸シャンプー、石鹸シャンプーにシフトしたり、なるべくパーマやカラーリングは控えたり、刺激の弱いものにしましょう。

2、加齢によるホルモンバランスの低下

女性は年齢とともに女性ホルモンが低下し、これが薄毛の原因であることも大きいです。
特に30代、40代、の女性は「プレ更年期」とよばれホルモンバランスの低下により影響が体に現れる時期。
自然現象ですが、日常生活で気をつければ影響を最小限におさえることもできます。
最近ではザクロや大豆のイソフラボンなどがホルモン低下をおさえる効果があるとして注目されています。

3、学校、会社、育児などのストレス

ストレスで頭皮が敏感になり、抜け毛がおきてしまうという女性は多いです。
会社や学校、育児などのストレスはためないことが一番の予防方法。
お友達と話したり、休日に遊びに行ったり、アロマの香りでリラックスしたり、
自分なりのストレス解消方法を見つけましょう。

4、ダイエットによる栄養不足

20代後半から、ダイエットをすると顕著に栄養不足での影響ができます。
とくに無理なダイエットは髪の毛に潤いがなくなり、頭皮の栄養不足で髪が生えにくくなります。
大人のダイエットは健康的にが一番!髪の毛の源であるたんぱく質を意識してとったり、ビタミン、ミネラル不足をきちんと気をつけるようにしましょう。

5、アルコール、カフェイン摂取

アルコールやカフェインは利尿作用があり、体に必要なビタミンまで流してしまします。
さらにアルコールは皮脂を過剰に分泌させて、頭皮をつまりやすく
コーヒーなどのカフェインは血管を収縮させて頭皮に栄養がいきわたりずらくします。

6、寝不足

夜遅くまで起きていて、寝不足だと、髪の毛が作られる時間が削られることに、、。
きちんと栄養をとったらたっぷり睡眠して発毛する時間をとりましょう。

7、ヘアケア剤や食生活による皮脂分泌による頭皮の詰まり

巻髪のセットのためのヘアスプレーやワックスなどで頭皮がつまったり、ファーストフードや外食が多いために溶けにくい脂が詰まることによって髪の毛の成長をさまたげます。
そのままでは育毛剤も浸透せずに、効果も半減。
食生活を見直し、定期的なスカルプケアをこころがけましょう。