ホホバオイルのマッサージで薄毛予防

頭皮マッサージ

ホホバオイルとは砂漠に生えているホホバの木の実から採取できるオイルで人間の皮脂に非常に近いためにスキンケア用によく使われているオイルです。

皮膚の再生を促したり、血行を促進したりする効果があるために火傷や乾燥対策にも使われますが、ホホバオイルは薄毛にも効果があると言われています。
髪の発毛を促進するビタミンDも入っていますし、血行がよくなるために成分が浸透しやすくなるのもその理由ですが、大きな理由として皮脂の分泌を調節することが可能だからです。

ヘアワックスなどを使っていたり、日ごろ頭皮のケアを怠っていると髪が育つ頭皮に脂が詰まって、新しい髪が生えにくくなります。
そこでホホバオイルでマッサージをすることで詰まった皮脂や汚れをおだやかにとりのぞきあたらしい栄養を与えることができるのです。

オイルマッサージはお風呂がおすすめ

ホホバオイルでのマッサージはその性質上お風呂に入ったときがおすすめです。シャンプー前にオイルを使ってマッサージ、時間を置いてから流すことで頭皮が柔らかくなった状態で汚れも落ちやすくなります。
ホホバオイルにはケラチン構成効果があるため髪がツヤツヤになります。
シャンプー後髪の毛を乾かしたら少量髪の毛につければダメージヘアでパサパサしている髪もしっとりします。
(髪全体や根元につけるとしっとりしすぎて髪がボリュームダウンしてしまうので、毛先に少量つけるようにしましょう。)

ホホバオイルの薄毛予防マッサージの仕方

1、お風呂場で手のひらにホホバオイルをたらしてから頭皮をマッサージするようにつけていきます。分量はあまり多いとベタベタしますので数滴でOK

2、20分ほど湯船につかります。シャワーキャップをかぶったりラップで髪の毛をまくと成分が浸透しやすいです

3、シャンプーで洗髪。このときも軽くマッサージするイメージで洗髪すると皮脂の汚れがおちやすい。

4、シャンプー後は普通に乾かします。育毛剤などを使用するときはこのタイミングで塗布しましょう。