薄毛を予防する頭皮シャンプーの方法

薄毛を予防するには定期的な頭皮クレンジングはもちろんのこと、毎日のシャンプーでも頭皮をケアしてあげることが大切。

特別なシャンプーを使わなくても毎日のシャンプー方法を変えるだけで抜け毛、薄毛は防げます。

頭皮にやさしいシャンプーの方法

髪の下から手を入れて洗う

髪の毛を上から触って洗うのではなく下から指を差し込むように入れ、頭皮を指の腹で洗います
髪をゴシャゴシャ動かすと摩擦がおこって髪の毛もバサバサになりますので、摩擦の軽減のためにも良いです。

シャンプーは泡立てて使う

洗顔料のようにシャンプーも泡立てネットで泡立てて使いましょう。
髪の毛が長い場合は泡立てた泡を数箇所につけて洗います。

お湯の温度は熱くしすぎない

シャンプーの温度が熱すぎると頭皮が乾燥してフケや痒みの原因になります。
頭皮が健康でないとせっかくの育毛ローションなども効果がありません。
38度~40度程度のちょっと物足りないかな?くらいのお湯を使いましょう。

22時までにシャンプー

髪が作られる成長ホルモンが出るのは22時から深夜の2時まで。
肌と一緒で髪の毛もこの時間に寝ていないと健康的な髪の毛が作られません。
乾かす時間も考えると21時までにはシャンプーを済ませておきたいですね。

しっかり乾かす

夜に髪を洗った後に乾燥がきちんとしていないと髪の毛がバサバサになったり、枕とこすれて抜け毛の原因になります。


いかがですか?
めんどうでも毎日のシャンプー方法を気をつけることで薄毛や抜け毛は防げます。