産後薄毛の特徴って?

出産した後にお母さんがなってしまう「産後薄毛」、いきなり髪の毛がドッサリ抜けてしまってビックリした人もいるのではないでしょうか?

この産後薄毛・出産が原因の脱毛減少は個人差があって、なる人とならない人がいます。
元々の体質やタイミングもあるようで、「第1子は大丈夫だったのに、2人目は抜け毛がひどい」なんて人もいます。

全然薄毛にならない人をみて「この抜け毛異常じゃないの?」なんて心配してしまうお母さんもいると思いますが、産後の脱毛はよくあることで特殊な症状ではありません。

産後薄毛の特徴

産後の薄毛の特徴は

  • 出産後3ヶ月から6ヶ月くらいたってからいきなり髪の毛が抜ける
  • 量が多いときは排水溝がつまってしまうくらい髪の毛の量が抜ける
  • 前髪が薄くなることが多い
  • 髪の毛が短い状態で切れることもある
  • 一時的に抜け毛は多くなるが、徐々におさまり、出産後1年ほどたつと通常の量に戻る
  • 原因はホルモンバランスの乱れや、母乳による栄養の流出、出産の関係で抜けにくくなっていた髪の毛が一度に抜ける、などさまざまな説があります。

    しかし、出産による多量の抜け毛は一時的なものです。

    「こんなもんだ」と思ってその時期は髪の毛を短めに切って目立たなくしたり、ヘアアクセサリーをつけて気分転換をするのがおすすめ。

    この時期、肌は敏感になっていますのでシャンプーを低刺激のものに変えるのもよいでしょう。

    あまり思い悩むと、今度は精神的なことが原因で抜け毛になってしまいます。
    ドーンと構えて赤ちゃんのための育児に専念しましょう。