髪の紫外線予防でパサパサヘアーを防ぐ!

夏の紫外線
夏から秋にかけて髪の毛がバサバサに傷んでしまうという人は多いです。
夏のヘアーダメージの原因はプールでの塩素、汗の塩分、エアコンでの乾燥、体の冷えなどいろいろありますが、もっとも髪の毛に悪いのが紫外線!

顔に日焼け止めを塗っていても頭になにもしていないと紫外線で髪の毛のキューティクルが破壊されてバサバサになってしまいます。

髪の表面だけでなく、表皮も日焼けを起こし傷んでしまうことも…。

髪の紫外線予防は物理的カット&UVカット効果のヘアースプレー

夏の紫外線から髪を防ぐには、帽子、日傘などの物理的な予防やUVカット効果のあるヘアースプレーを使用するのがよいでしょう。

髪の毛が長い場合は束ねてまとめておくと日に当たる面積が小さくなって日焼けを予防できます。

尚、帽子をかぶっていたり、髪の毛をまとめると汗がでて毛穴が詰まりやすくなるという欠点もあります。
夏は日中は日焼け予防を、夜は日焼け対策で詰まってしまった毛穴やヘアースプレーのついた髪の毛をきちんと汚れを落としてリセットしましょう。

一度紫外線でダメージを受けた髪は修復不可能ですので、気をつけましょう。