帽子でハゲるって本当?正しくかぶって薄毛予防しよう

帽子と薄毛帽子(キャップ)をかぶると薄毛になってしまうという噂があります。
以前よりもファッションとして始終帽子をかぶっている人をみかけます。

かぶっているときは良いのですが、帽子のせいで髪の毛が薄くなってしまうんだったら大変ですよね。

「脱いだら髪はペチャーンとしてる…。」
「気のせいか生え際も薄くなってきたかも??」

なんて人も多いのでは。

結論から言うと、帽子によるハゲは気をつけていれば防げます。
さらに帽子をかぶることで髪のダメージも防ぐことができます。

帽子で薄毛になってしまう原因は頭皮の蒸れ。

長時間帽子をかぶっていることで頭皮が暑くなり、汗と汚れが詰まってしまうことで薄毛の原因になってしまうのです。

しかし、帽子をかぶれば夏の紫外線からのダメージを防ぐこともできますし、冬の寒さや乾燥から頭皮を守ることもできます。

帽子で薄毛にならないため以下のようなことに注意しましょう。

  • こまめの帽子を脱いで頭皮の風通しをよくする
  • 通気性の良い帽子を選ぶ
  • 長時間帽子をかぶった日は頭皮ケアをして頭皮の汚れを落としておく
  • おなじ帽子ばかりかぶらない(髪の毛の流れを癖付けしないため)
  • 正しく帽子をかぶってこまめにケアすることで薄毛を防ぎましょう。