ダメージヘアとエイジングヘアってどう違うの?

エイジングヘア
最近では髪の毛の「エイジングヘアケア」が注目されています。

髪の毛のパサつきや抜け毛にエイジングヘアケアをすることで髪の毛を健康に保つという方法ですが、
いわゆるダメージヘアとエイジングヘアは何が違うのでしょうか?

外的要因から起こるダメージヘア

ダメージヘアは摩擦やカラーリング、紫外線やパーマ液によって髪の毛がパサ付いてしまったり枝毛、切れ毛になってしまう髪です。

内的要因から起こるエイジングヘア

エイジングヘアとは加齢によって頭皮の髪の毛を生み出す力が弱まってしまい、頭皮や髪の毛に栄養がいきわたらなくなることから髪がパサ付いたり、
白髪が増えたり、うねりが出たり、コシやハリがなくなってしまっている髪です。
特に女性は35歳を過ぎると髪の毛のパサ付き、うねりなどが気になってきます。

↓エイジングヘアケア製品は各社ヘアケア用品メーカーが開発しています。
母の日にお母さんへのプレゼントでエイジングヘアケアセットを贈るのもよいと思います

ラサーナ エイジングヘアケアセット

原因によって髪のケア製品もかえたほうがいい

若い女性が紫外線やカラーリングで髪の毛がパサ付いてしまっている場合のケア製品と30代以上の女性が加齢によって髪の毛がパサ付いている場合は
ヘアケア製品も変えたほうが効果が出やすいです。

エイジングヘアケア製品には髪の毛のツヤを出す以外にも頭皮の血行を促進させたり、頭皮環境を整える成分が入っている場合が多いです。

自分の髪の毛がどちらのケア製品が必要か知り、状態に合わせたケアをすることが必要です。