まいたけの育毛水の作り方

まいたけには体の免疫力を高めて細胞を活性化させる「ベータグルガン」というたんぱく質の一種が含まれています。
このたんぱく質が弱体化した孟母細胞に働きかけて発毛を促してくれると言われています。

そのほかにもまいたけには「5α(アルファ)クラスターゼ」という男性型の発毛の原因である酵素の働きを弱める働きがあります。

この5α(アルファ)クラスターゼが男性ホルモンと結びつくと脱毛の原因になってしまうのですが、まいたけ育毛水によるベータグルガンで初期段階でこの原因を予防することができるそうです。
男性ホルモンと脱毛原因が結びつくことを防ぐことがこの育毛水の特徴ですが、男女問わず薄毛への効果は出ているそうです。

実際の研究では一ヶ月から二ヶ月で9割の人に発毛効果が現れたという報告もあり、白髪が黒くなったり、という効果もあるそうです。

市販のまいたけ育毛水にはさらに血行がよくなるようにいろいろな成分が配合されているものもありますので、手作りが不安な方は市販品を利用するのも良いでしょう。

市販でも手作りでもこのような直に頭皮につける育毛水を使用する場合はパッチテストを行い、肌に異常がないかチェックしてから使用しましょう。

まいたけの育毛水の作り方

材料
6ヶ月分
・まいたけ500g
・ホワイトリカー1リットル
・水(適量)
・密閉容器、スプレー容器

1.まいたけの水分が抜けてカラカラになるまで一週間から10日ほど陰干しする

2.密閉容器にホワイトリカーを入れて成分が溶け出すまで一ヶ月ほど漬け込む。
まいたけからエキスが出て黒褐色になったら出来上がり。
出来上がったらマイタケは取り出さずに冷暗所で保管します。

3.使う時はスプレー容器に移し替え原液と水が1:2になるように薄めてスプレーボトルに入れる。
肌が弱い女性の場合は少し水を多めに。
スプレーに移し変えたら2週間で使い切りましょう。

使うときは洗髪し清潔になった状態で髪がしっとりするくらいスプレーして頭皮マッサージします。
夜寝る前が一番効果的ですが、余力があれば翌朝も頭皮の脂をとってから軽くスプレーするとより育毛効果が期待できるそうです。